おひとり様の一ヶ月の水道光熱費はこの金額

nicoです。

今日はnicoの一ヶ月にかかる水道光熱費など、家計簿についてのお話です。

スポンサーリンク

お一人様の家計簿はこんな感じ

nicoの一ヶ月の諸経費。

まあ大抵こんなもんですわ(関西弁)。

赤裸々なお財布事情を報告するわ。

・家賃      45.000

・貯金      20.000

・食費      10.000

・保険      30.000

・ガス&水道   8.000

・レジャー費   5.000

・コスメ貯金   5.000

・カード支払  25.000

(※ ガソリン10.000,電気代3.000、携帯&プロバイダー10.000他)

・小遣い    20.000

・海外貯金  20.000

———————————–

計     ¥188.000-

です。

コスメ貯金は毎月積み立てておいて、楽天のお店でまとめ買い。

ここでクレンジングオイル・月桃水の化粧水・アロマオイル・蜜蝋を買っています。

自然化粧品研究所

化粧水の後は、蜜蝋を溶かした馬油を塗って終わりです。

馬油は断然、ソンバーユ

以前、nicoが馬油を使っているからと九州の馬油を頂いたのですが

油が酸化している匂いがして(つまり油臭い)、顔にはつけられませんでした。

友人にも「油臭くない?」と聞かれますが、ソンバーユは全く匂いません!

無臭です。

バニラやクチナシ、ひのきなどは逆に最高にいい香り。

ソンバーユ・馬油

これらやコンタクトなどを購入する時、まとめて買って送料無料にしているので

収入から、毎月分けて貯めています。

保険とは、生命保険の他に車検代、車の保険代をここから支払っているので

毎月三万円づつ貯めています。

車って維持費かかりますからねー。

海外貯金とは。

海外旅行に行くときのために、毎月の積立です。

nicoは契約社員なので、ボーナスはなし。

なので毎月の積立だけが頼りなのです。

して毎月の収入は。

ハイ、毎月の収入なんですが。

これが実に15万円なんですよ。

というわけで、毎月38.000円の赤字なのです。

でも。

ネットでの収入が、毎月3万円ほど入るようになってきたので

8000円の赤字。

これは月のお小遣いが、8000円減って12.000円となっています。

以前の仕事の時は、ボーナスもあったし、月の小遣いも30.000円でしたが

今は少ない。

でもでもでも。

無駄な買い物、ストレスが原因での発散買いがなくなったので

そんなには困っていません。

友人のお祝いごとや帰省の時が大きな出費かな。

こうしてみると、ブログでの収入の有り難さがみにしみてわかります。

この収入がなかったら、毎月やりくりできませんから。

変な話ですが、昼間の仕事のお給料よりずっと感謝しているんです。

だから無駄使いできません。

nicoの毎月の贅沢とは

ブログ収入がアップし始めてから、nicoがお小遣いの中で

「これだけは、毎月必ず自分に贅沢させてあげよう。」と決めていること。

それは、

・大好きなお店でのランチ

美味しい和食屋さんとイタリアンのお店。

夜は高価になっちゃうから、お手軽なのに美味しいランチで贅沢を。

平日の一人でも良し、休日の友達とのランチでも良し。

とにかく仕事とブログ更新とに頑張っている自分にご褒美です。

これをする事によって、「また来月も美味しいランチ食べるために頑張ろう。」と

思えるのです。

つまりは目の前に人参てことですね。

ご馳走が原動力。

単純な作りのnicoロボットでございます。

大好きな人達に贈り物

これは両親への美味いもの便だったり、友人へのちょっとしたお礼だったり。

例えば今月は、いっつも美味しい差し入れをくれる友人へ

お返しでいつものパンケーキを。

パンケーキミックス

見てるだけで食べたくなってくるわ・・・。

アタシが。

で、両親にはおせち用の栗きんとんを、年末に届くように購入済み。

やまつ 栗きんとんと元祖菊牛蒡漬

友人の結婚祝いには、リクエスト品のバスローブを。

トウシェ・バスローブ

こういった人にプレゼントするものは、喜んでもらえるものを贈りたい。

あげたいものを、あげたい時に。

惜しまずプレゼントできる収入がもう少し増やせたらいいな、が

当面の目標でもあります。

幸せは、有形ではなく実は形ないものだったりする。

最近、nicoは特にそう感じています。

まあそれって愛と一緒ね。

明日もまた読みにいらしてくださいませ。

nicoでした。

ブログ村ランキング

ランキングに参加ちう↓

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク