プラスチック収納ケースを買わない発想&有料ゴミの金額報告

nicoです。

今日は収納ケースを有料ゴミに出した金額のお話です。

スポンサーリンク

先日、断使離したプラスチックの収納ケース。

引き出しを断使離しました 

二箱も服が減ったのはいいのだけれど、問題はこの引き出し。

nico15150

結構大きめだったので、有料ゴミに出してきたら。

nicoの市町村では400円も取られてしまいました。

高いなぁ・・・と感じたのはnicoだけでしょうか。

壊れてもう使えなくなったものを捨てるのに、お金がかかる時代。

ならば、大きなモノは買わない方がいいと思ってしまいますよね。

うんうん。

なので、nicoはもう大きな買い物はしません!

そして改めて思いました。

もし、新たに買わなくてはいけない時が来たら、その時は絶対に

Fit’sのケースにしようと思いました。

詳しくはこちらを→ Fit’sのケースは素晴らしい

 

そう。

Fit’sのケースなら、リサイクルショップや引越し業者さんで買取ってくれるらしいのです。

同じ買うなら、きちんとリサイクル出来る物がいい。

nicoが買ったホームセンターの品は、4年であっさりと割れましたからね。

丈夫なFit’Sのケースがいいわー。

 

たかが400円。

されど400円。

これまで不要な品を売って収入にしていたけれど、

モノを減らすのに初めて支出となって

改めてモノを買う時に慎重になろうと思いました。

 

収納ケースを買わない発想

もう一つ。

根本的な発想の転換ですが、収納ケースを買わないという発想もあります。

 

1・簡単に捨てられる段ボール箱で代用

2・入れ物を増やすのではなく、モノを減らして収納ケースを買わない

 

1の段ボールでですが、これは先日までnicoは実践していました。

お出かけ用の革の鞄は、段ボール箱一つを立てて棚状にして

その中と上に置いていました。

インテリアに使っていた木の棚を、押し入れの収納棚に再活用したので

段ボール箱は廃品回収に。

押し入れの中って人に見られるものではないし、無地の綺麗な箱を使っていたので

そんなにみすぼらしい感はありませんでした(nicoの見解による)。

 

2の買わない発想。

ハイ、言わずもがなの物を減らす方で考える発想です。

収納が足りない→買わなきゃ、ではなく「じゃあ減らせないか?」と

視点を変えてみる。

友人に譲る、売りに出す。

物を減らす方向で考えれば、見え方も変わってきます。

実はnicoにも、捨てるには申し訳ないような品がまだ沢山あります。

だからこそ、しっかりと使い込んでいこう、と思えます。

眠らせないで、使う。

モノの命を全うさせてあげたい。

断捨離・断使離を続けて、あらためて強く思うこの頃です。


 

ささ。

今からお掃除。

何か一個手放せるもの探そうかな。

出勤前に思うnicoでした。

皆様も素敵な一日を。

タイトルとURLをコピーしました